本当に気を付けないと

去年の秋ごろからよく問題になっていたのが「クマが人間を襲う」という事件で中には不幸にも亡くなられた方もいましたが、まあ、正直言ってこの手の問題というのはそれこそ冬眠をしている(であろう)時期を除いてはいつ起こってもおかしくなないと思うのですが、北海道根室市でこんな事件があったそうで。

「走行中の軽トラックにヒグマが体当たり、ワイパー破損・フロントガラスに亀裂…けが人なし」
https://www.yomiuri.co.jp/national/20240429-OYT1T50056/
「「まだ来た!」クマが突進 衝突後も車を追いかける 子グマを守るためか 北海道根室市」
https://news.yahoo.co.jp/articles/852c5122f5f2f309b1e9aa0ca321b9e25b3b4f94

いや、下の記事を見てみるとワイパーが破損し、フロントガラスが割れてしまうのですからクマのパワーというのはものすごいものだな、というのがよくわかると思いますが、いくら車の中と言っても本当に怖いものなんだな、という気がしますね。
しかも下の記事によるとクマによる被害というのは結構4~5月も多いようですね。まあ、最初に書いた通り、10月に多いというのは冬眠の時期が近い、ということもあってクマも気が立っているのかもしれませんが、春の時期も多いというのはねえ。まあ、普通に考えれば冬眠から目覚めたばかり、で食料をさがしている、ということもあるのかもしれませんが。

勿論こういった場合に備えて猟友会なんかはクマの駆除をしているのかもしれませんが、それの是非はとにかくとして(個人的には駆除の反対派には「だったら襲われてみます?」と言いたいが。確か以前見たが麻酔銃を撃って、というのも結構大変らしいし)、さすがにこういったことがあったからと言ってすぐには動けないのも事実ですからね。ましてや春は山菜取りなんかをしている人も多いと思いますが、北海道の人たちにはこういった危険があるというのも本当に怖いものですよね。

昨年公開された映画にクマのプーさんが人間を襲う「プー あくまのくまさん」という映画が話題となりましたが(そういえば続編が公開されるらしいが)、ああいった「クマが人間を襲う」というのは映画の中だけの話、というわけではなく、現実に、しかも日本でも起こる可能性があるというのは承知しておかなければいけないのかもしれませんね。

この記事へのコメント