これが早いのかどうかわからないけれど

2022年12月31日の「紅白歌合戦」を最後に芸能活動の無期限休止に入った歌手の氷川きよしがこの度所属事務所を独立して新事務所を設立して、8月から歌手活動を再開することになったそうですね。

「氷川きよし、長良プロダクションから独立「活動再開に向けての準備」【コメント全文】」
https://news.yahoo.co.jp/articles/f25f73ca41beedc3bba5fa6725439d7c3f11929d
「氷川きよし新会社は「KIIZNA」(キズナ)自ら代表取締役に 8月からツアー開催」
https://news.yahoo.co.jp/articles/b5fde1780bb6f9ca5c95163142dd6b2ea78327d4

個人的に管理人、最低でも2年くらいは活動を休止するんじゃないかな、と思っていたので1年8か月というのはちょっと短いかな、という気がしますが、まあ本人としても20数年間ノンストップで第一線として活躍してきたのでここらあたりで一度リフレッシュしたいと思っていたのだろうし、十分にリフレッシュできたから、ということで今回活動再開を決めたのではないか、と思いますが(まあ、8月から活動再開を決めた、ということはもしかしたら今年に入ったあたりから再開を考えていたのかもしれないが。そうでもなければこんな短い期間でツアーの開催までこぎつけることができないと思うし)。

とはいえ氷川きよし自身は、なんか活動休止に入った頃(つまり去年の年明け)あたりから独立の噂があったのもまた事実ですからね。まあ、独立までの間どれくらい前所属事務所と話し合ったのかそれはわかりませんが、ただ24年間所属してた事務所を離れて新事務所、しかも代表取締役までやるということは実質上個人事務所みたいなものだし、そうなると今後は仕事なんかは自分で取らなければいけなくなりますからね。果たして本人もそれだけの覚悟があるのかどうかちょっとわかりませんが。

いずれにせよ本人の活動再開はファンとしてもうれしいことだと思いますし、活動休止前以上の活動をしてほしいと思っているかもしれませんが、とはいえ(昔も言ったことがあると思うが)、氷川きよし以降に彼を脅かすような若手演歌歌手が出てこない、というのもまた事実ですからね。
ですので活動再開後はできれば若手演歌歌手を育てるようなこともしてほしい、と個人的には思いますが。

この記事へのコメント