これがいいのか悪いのか

最近「6」が出たことで知られている格闘ゲーム「ストリートファイター」シリーズですが、その人気を決定づけた作品と言ったら1991年にアーケードで稼働した「II」だと思うんですよね。現在はPS4やSwitchで発売されている「ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクション インターナショナル」で遊ぶことができますが、その「ストII」でこんなことがあったそうで。

「狩野英孝さん、ついに『スト2』へ参戦、必殺技「エイコーゴー」と「ローズセレモニー」を駆使して戦う。「ポッキー×ストリートファイター」コラボで公開中のキャンペーンサイトにて無料でプレイ可能。音声も実際に本人が収録」
Ihttps://news.yahoo.co.jp/articles/d7ebed0f76e6498bf1897389e6db900f75f3d8c7
「狩野英孝『ストII』で“新キャラ”に 必殺技は「ローズセレモニー」「エイコーゴー」【コメント全文】」
https://news.yahoo.co.jp/articles/567ac8a0b50cfcaafc493bc3d673cf965a5b901b

今現在江崎グリコとカプコンがコラボした「Street Fighter II POCKY EDITION」というスマホやPCのブラウザから遊べるゲームを展開しているそうですが、それにタレントの狩野英孝が期間限定キャラとして出ているそうで。
狩野英孝本人が自身のYouTubeチャンネルでプレイしたこともあるほどだそうですから、それだけ本人もこのゲームが好き、ということなのかもしれませんが、なんか管理人はこの話を聞くと…、となっちゃうんですよね。

というのもカプコンは昔「マーヴル・スーパーヒーローズVSストリートファイター」(当時は「マーベル」ではなかった)というゲームでテレビのバラエティ番組の企画とタイアップして木梨憲武がデザインした「憲磨呂」というキャラを出したことがあるんですが、これが賛否両論でしたからねえ(ちなみに海外版では最初から登場キャラになっている)。そう考えると今回の狩野英孝の登場というのも期間限定とはいえ嫌っている人も多いのではないか、という気もするのですが。
まあ、宣伝という意味ではこういった手もあるのかもしれませんが、やはり格ゲーファンというのはこういったものは許せないと思うのですが(まあ、これがアーケードとか家庭用ゲーム機で出ていないことはまだまし、と思っている人もいるかもしれないが)。

とにかく今回の企画がいいのか悪いのか、今後もこういった企画が出てくるかどうかで決まるのではないでしょうか?

【PS4】ストリートファイター6
【PS4】ストリートファイター6

この記事へのコメント