いまはこういうのは厳しいんだからねえ。

SNSというのは誰でも気軽に投稿できる反面、ちょっとしたことですぐ炎上してしまうことがあり、一度炎上してしまうとかなり問題になってしまうものですが、それが世界でも名の知れている企業の社員となると炎上具合もハンパないのではないか、と思いますが。

「広島マツダの従業員、障害者をからかうような動画をTikTokに投稿…ネットで拡散し会社が謝罪」
https://www.yomiuri.co.jp/national/20230501-OYT1T50110/
「従業員が車椅子に乗り障害者のまねする動画に批判 広島マツダが謝罪」
https://news.yahoo.co.jp/articles/2fcd7d966ff48d8ae7073e27ac78f4b3ef288e77

広島マツダの従業員がTikTokで障碍者を揶揄しているような動画を投稿したことが問題になっているようですが、本題に入る前に電動車椅子というと管理人、パラリンピックのボッチャ(球を投げて的球にどれだけ近づける頃ができるかというカーリングみたいな障碍者スポーツ)の模様をテレビで放送していたくらいでしか見たことがありませんが、調べてみると普通の車椅子が3万円位で買えるのに対して、電動車椅子は40万円くらいするんですね。そう考えるとかなり高い買い物のような気もしますが、ただ電動車椅子の利用者というのはそれだけ障碍の具合も大きいという証拠になるのかもしれませんが。

まあそれはそうとこういう動画というのは一体本人はどんなつもりで投稿しているのでしょうかね? かつて問題になった「バイトテロ動画」とかスシローなんかで問題となった「直食い動画」もそうなんですが本人たちは所謂「バズる」のが目的なのでしょうかね? とはいえもし仮に「バズる」のが目的だとしてもこういった倫理的にどうかと思える動画をUPするのは問題だし、TikTokはどうだか知りませんが、ツイッターやYouTubeでこんな動画を上げたら一発でアカウントを削除されてしまうのではないか、という気がしますが。

今回の件に関してさすがに広島マツダも問題視して当該の従業員を厳重注意した、ということのようですが(正直言って懲戒解雇でもおかしくなかったと思うが、処分に関しては管理人がどうのこうのいう立場じゃないしね)、今後こういったことを起こさないように社員教育を徹底してほしいですね。
そうでなくても今度のG7サミットは広島で開催されるので世界から「広島」が注目されることになるのですから。

この記事へのコメント