なんか違いがよくわからんが

去る15日に京都の食肉販売業者が販売している牛肉ユッケを食べた90代の女性(ってかそんな年で、というのにも驚くが)が腸管出血性大腸菌O157に感染して死亡したのをはじめとして20人以上の男女が腹痛や下痢を訴えている、という事件がありましたが、その件に関して販売した会社が謝罪をしたそうですね。

「ユッケ食べた女性死亡 運営会社が謝罪「お詫びとお悔やみ」店舗営業は当面自粛」
https://news.yahoo.co.jp/articles/5df14efcd77602211b17f79ad9faf9d736227331
「生食用牛肉でO157食中毒死 緊急立ち入り調査開始 京都市保健所、300施設に」
https://news.yahoo.co.jp/articles/82dd4ecfa935d222f90b8e5e08ce3f08cf57e4c0
「京都・宇治のO157食中毒死「レアステーキ」と主張する社長が謝罪、説明した内容は」
https://news.yahoo.co.jp/articles/6819fbfb3acc76e35beea775434dc629f369e2cc

管理人あまり肉の焼き方についてはよくわかりませんが(なんせステーキなんて滅多に食わないもんね)、焼き方でレアと言ったら肉の表面は焼けているものの中はそれほど焼けていない、というイメージなのですが、どうも記事を見る限りほとんど生肉に近い形で出していたようですね。
いや、ユッケというと以前集団食中毒事件が起きたことで、今は販売基準がかなり厳しくなっているそうですが(なんか届け出制になっている、という話のようだが)、この会社のように「レアステーキ」と称して売っている、というパターンももしかしたらあるのかもしれませんね。

いや、牛の場合は生肉でもそのまま食べられるものがある、という話を聞いたことがありますが、でもやはり生食となると管理人自身は魚の刺身なんかと違ってなんかそういった食中毒が怖くてあまり食べたいと思いませんし、こういった出来事が起こるとやはり業者側にとってもよくないことだと思いますから、こういった「レアステーキ」と偽って(と言っていいかもしれない)ユッケを販売する、という方法に対してもしっかりと目を光らせるべきではないか、と思いますが。

本当に人間が口に入れるものである以上、食の安全というのには気を付けてほしいですし、こういったことが起こらないように保健所も衛生管理をしっかりとチェックする体制を作ってほしいですね。

この記事へのコメント