一口に70年というけれど。

管理人、今朝このニュースを知って「え?」と驚きまして。

「イギリスのエリザベス女王が死去、96歳…25歳で即位し英史上最長の在位70年」
https://www.yomiuri.co.jp/world/20220909-OYT1T50077/
「エリザベス英女王「安らかに」死去、国葬はウェストミンスター寺院で」
https://www.yomiuri.co.jp/world/20220909-OYT1T50098/

いや、エリザベス女王と言ったら6日にトラス新首相(ちなみにイギリスでは3人目の女性首相だそうな)を任命したばかりでその時の写真を見た限りではまだまだ(96歳とはいえ)お元気そうに見えたんですけどねえ。ただそのころにはすでに健康状態に懸念があったそうですから病を押して出た、ということになるのでしょうか?

まあそれにしても在位期間が70年というのも長いですよね。まあ日本で言うと昭和天皇の在位期間が62年と2週間(1925年12月25日~1989年1月7日)ということでかなり長い印象がありますが(まあ、「激動の昭和」と言われるくらいいろいろと内容の濃い時代だったからね)、1952年から今年にかけてだって世界に目を向ければいろいろな出来事があったし、イギリスだって時には話題の中心になったこともありましたからね。

なんか聞いた話では日本の皇室とも関係が深く、昭和天皇だったか上皇さま(平成の天皇陛下)だったか忘れましたが、かなりイギリスの王室を参考にした部分があった、という話ですからね。そういった意味ではイギリスの王室というのは日本にとっては切っても切れない存在だったのかもしれませんね。

まあ、新型コロナの影響もあるだろうし、いまだに終結の見通しが立たないロシアとウクライナの紛争もあってかまだ世界は大変な状況が続いていると思いますし、何よりもイギリスは首相が代わったばかりですからね。トラス新首相の腕前がどれだけのものかまだ未知数なところもありますが、首相と国王が相次いで変わる、という事態の直面したイギリスが今後どのように世界で役割を果たしていくのか日本政府も注目しなければいけないでしょうね。

この記事へのコメント