「翔んで埼玉」の続編はどうなるのだろうか?

昨年9月に体調不良を理由に無期限の活動休止を報告したミュージシャンのGACKTですが、そんな彼も先月に年内の活動再開を発表し、今日9か月ぶりに公の場に姿を見せたそうですね。

「GACKT、活動休止後初の公の場 9ヶ月ぶり復帰に元気な姿「お久しぶりです」「緊張しますね」」
https://news.yahoo.co.jp/articles/f53709300aa831a4b94470d374c2eb0c1c765779
「9ヶ月ぶり復帰のGACKT「歌声を届けられる日も近いんじゃないかな」 7月の誕生日にメッセージ配信予定」
https://news.yahoo.co.jp/articles/3cbaa9799444346576a5fc0195bc6b9153b40a2a

今回大阪市内で行われた医療基金の発起プロジェクト発表に出席するために姿を現したそうですが、そもそも彼の活動休止の理由が「幼少からの神経系疾患がきっかけで、一時は命にも関わる状態に陥った」そうですからね。だったらファンでなくとも「無理はしないで本人が十分に活動再開できると判断するまで休んでほしい」と思いますが(なんだかんだ言っても命に係わる状態までなっては無理はさせられない)、それでも日常生活にまで支障がないくらいに回復したというのですからまずは一安心といったところでしょうか?

まあ本人も活動再開について意欲を持っているようだし来月の誕生日にメッセージを配信する、ということのようですが、とはいえすぐにでも今まで通りの活動を行う、というわけにもいかないでしょうね。
仮に歌手活動を再開するといっても9か月も芸能活動を休止していたのですからまずはカンを取り戻さなければいけないし、レコーディングやらなんやらもあるでしょうし、やはり重要なのは少しずつでも体を今までのように慣らしていかないといけませんからね。ですから個人的には最低でも年内は(半年時間があるんだし)仕事をセーブしていくべきではないか、と思いますが。
それにこれは聞いた話ですけれど。GACKTが出演して大ヒットした映画「翔んで埼玉」の続編の制作が始まったものの、GACKTの活動休止でストップしている、とかいう話ですからね。まあ、コロナもあって制作そのものに遅れが出ていると思いますし、ひょっとしたら公開時期も来年以降を考えているかもしれませんが、そこはやはり体調が十分に回復して映画撮影にも耐えられるという結果が出るまで待ってもいいのではないか、と思いますが。
いずれにせよ芸能人というのは体が資本なのですから十分に体調管理には気を付けてほしいですね。

GACKT 超思考術 - GACKT
GACKT 超思考術 - GACKT

この記事へのコメント