だんだんと絞られていくのかね

管理人が今使っているインターネットブラウザは1.edge(これはこのブログを書くのにも使っている)、2.Google Chrome(Chromeでしか使えないアドオンもあるので)といったところですが、昔はInternet ExplorerとかFirefoxも使っていたんですよね。ただそういったブラウザも使い勝手の良しあしがありますし、ユーザーがどのくらい使っているかにもよりますが、IEが来週の15日でデスクトップアプリのサポートを終了するようですね。

「Internet Explorer 11 デスクトップアプリは6月15日にサポート終了」
https://news.yahoo.co.jp/articles/dca79c65447b882bedeba480746043bbcafbee93
「IEサポート終了まで残り1週間、準備は終わった? IPAの注意喚起を改めてチェック」
https://news.yahoo.co.jp/articles/2d6285a6cd2b0d6064260366e34f207b0cdd180c

管理人が最初に買ったPCはWindows XPでそのころの標準ブラウザはIEでedgeは確かOSが8.1になってから(それから10にバージョンアップ。現在使っているのは2か月ほど前に買ったWindows11。よって最初からIEが搭載されていない)だったと思うのですが、それ以前から搭載されていたのですから随分と長かったような気がしますね。
とはいえ上にも書いた通りどのブラウザでも良しあしがありますし、管理人も上に書いた通り、昔はIEやFirefox、OperaとかSafari(これはもともとはMac用のブラウザという話を聞いたことがあるが)なんてのも使っていたのですが、次第に使い慣れたブラウザだけ使うようになってしまうんですよね。実際聞いた話ではSafariはWindows用のバージョンアップはもうしていない、という話ですし、昔はNetscapeなんてブラウザもありましたが、確かあれもFirefoxに吸収されてしまいましたしね(まあ、管理人も念のために今もFirefoxはインストールしているが)。
ですからこう考えるとブラウザもだんだんとユーザーが使うものが絞られていくのか、という気がしてきますね。

今のところWindowsのOSは11となっていますが、確か最初聞いた話では10が最終形だったと思うんですよね。まあそれがなぜ11を開発したことになったのかはちょっとわかりませんが、もし仮に例えば「Windows12」なんてのが将来発表され、それに新ブラウザが搭載される、となったらゆくゆくはedgeもサポート終了、なんてことになるのでしょうか?
いずれにせよユーザーにとって使いやすいブラウザになってくれるといいし、egdeももっと使いやすくなってほしいですね。

この記事へのコメント