果たしてうまく行くかどうか

東京五輪で日本代表「侍ジャパン」を金メダルに導いた稲葉篤紀監督が退任して3か月。いろいろな人物の名前が挙がっていた後任監督ですが、今年日本ハムの監督を退任した栗山英樹氏で一本化するようですね。

「侍ジャパン新監督 栗山氏が最有力候補!大谷と“師弟コンビ”で23年WBC世界一奪回目指す」
https://news.yahoo.co.jp/articles/b57938192b25765e86fbfff42064ed1862fb0f84

まあ「侍ジャパン」の常設後の稲葉前監督も小久保裕紀元監督もNPBの監督の経験者じゃなかったので、個人的には(高橋由伸氏だの宮本慎也氏だのといった名前も上がっていたようだが)「もし次期監督を選ぶならNPBの監督経験者にやらせた方がいいのではないか」と思っていたので、まあ適任と言えば適任かな、という気もしますが。

ただ今はコロナの影響で本来だったら今年やる予定だったWBCも早くて2023年に延期が決まっていますし(MLBが機構と選手会の間で新協定の協議中ということで来年はできないらしい)、2024年のパリ五輪では野球は実施しないことが決まっていますから(2028年のロサンゼルスはどうなるか分からないが。聞いた話ではドジャー・スタジアムが野球の会場候補に名乗りを上げたらしいが)、当面の目標はそのWBCであり、おそらく同じ年にやるであろうプレミア12となることが考えられますが(管理人の考えでは23年のプレミア12までの契約になるのではないか、と思うが)、それでも1年半くらい先の話ですからね。

そうなると当分の間は強化試合を組むことになると思いますが、このコロナ禍でスケジュールそのものも流動化することが考えられますからね。まあ日本ハムで10年間監督をやっていたのですからその辺に関しては経験がものをいうと思いますが。
それに23年のWBCに大谷投手が出るかどうか、なんてまだわかりませんからね。管理人、2006年の第1回から言っていますが、WBCはそもそもMLB機構が始めた大会だというのに(WBSCの公認はその後)、MLBの選手会が非協力的なのはどういうことだと思っていますからね(もちろん中には五輪やWBCに出たがっている選手もいるが)。まあ、その辺はエンジェルスが「WBCの目玉の一つ」と考えて大谷選手を出場させるように便宜を図ることを期待するしかないでしょうね。

まあ、いずれにせよ栗山ジャパンがどういった戦いぶりをするのか注目したいですね。

アシックス(asics) 野球 レプリカユニフォーム日本代表 侍ジャパン 鈴木誠也選手 2121A330
アシックス(asics) 野球 レプリカユニフォーム日本代表 侍ジャパン 鈴木誠也選手 2121A330

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック